自己破産の手続きの流れ

MENU

自己破産の手続きの流れ

自己破産の制度はかなり複雑なものに思えるかも知れませんが、実はそれほど難しいものではありません。

 

基本的には破産手続き開始の申し立てと免責許可の申し立ての二つからなります。
現在のとk路十八番の二つの申し立てを同時に行うことができます。

 

自己破産を開始するためには、まず書類を準備して管轄する地方裁判所へ提出します。

 

その後、1ヶ月から2ヶ月くらいで破産の審問が行われます。その数日後に破産手続き開始決定が行われます。
売却できるくらいの資産がある場合、破産管財人が選任されます。

 

そして、破産管財人は財産を処分し、債権者集会を開いて配当を行います。

 

その次に免責に関する手続きが開始されます。

 

免責の審尋が行われ、そしてその後に免責の許可決定が出されれば、それによって自己破産の手続きは完了です。
もしも免責許可決定が出されなければ支払いが免除されません。

 

免責の許可決定が出されれば債務は免除となり、そのことは官報に記載されます。

 

売却できる資産がない場合には同時廃止が行われます。

 

この場合、だいたい3ヶ月から6ヶ月くらいですべての手続きが完了します。
資産がある場合には管財事件となります。この場合には半年から1年くらいかかることもあります。

自己破産の手続き開始について

自己破産の手続き開始決定とは、自己破産の手続きの第一段階です。

 

申立人が裁判所に申し立てを行いますが、すべての場合に認められるわけではありません。
まず支払い不能と認められることが条件の一つとなります。裁判所が支払い不能だと認めた場合、破産手続き開始決定が下されたことになります。

 

そのためには、まず債務者は必要な書類を裁判所に提出します。裁判所は債務者について調査を行います。

 

そして、1ヶ月から2ヶ月後には裁判所から呼び出されて、審尋を受けます。
簡単に言うと、負債の状況や資産の状況、支払い能力などについて問われることになります。

 

このような過程を経て、支払い不能と判断されたのなら破産手続き開始決定が行われます。

 

このとき、不動産などの資産を持っていれば、破産管財人が選任されます。
そうではない場合、同時廃止となり、破産手続きは終了します。

 

破産手続きは、つまり支払いができないことを決定するだけのことですから、借金がなくなるわけではありません。
借金がなくなるのはその後の免責の手続きです。

 

破産の手続きはここで完了しますが、引き続き免責に関する手続きを行います。

 

免責の申し立てを行って、それが許可されれば借金がなくなるのです。

自己破産の免責不許可事由とは

自己破産の申し立てをした場合、免責許可の決定を受ければ借金がすべてなくなります。

 

しかし、免責不許可事由に該当した場合には免責許可の決定を受けることはできないのが一般的です。
この免責不許可事由に該当した場合には、裁判官の判断で免責の決定を下すのかどうかが決まります。

 

免責不許可事由に該当しなければ免責の決定を下さなければなりません。

 

該当したからと言って必ずしも免責が下りないわけではありません。

 

では、免責不許可事由とはどういったものなのでしょうか。

 

自己破産をするときには少し恐れてしまうかも知れませんが、普通の人ならあまり該当しないでしょう。
たとえば、特定の債権者に、先に弁済した場合などが挙げられます。

 

また、財産を隠しているといった場合にも不許可事由に該当します。

 

浪費やギャンブルによって財産を減少させた場合なども不許可事由に該当することが多いです。
他にもいろいろあるのですが、曖昧な部分もあります。

 

たとえば借りたお金をすべて競馬につぎ込んだのなら明らかに免責不許可事由に該当するでしょうが、
事業に投資をした場合などには、それが不許可事由に該当するかどうかと言うのは非常に難しいところです。

 

ですから、専門家である弁護士などに相談をするべきでしょう。